弁護士が痴漢・盗撮の被害者を支援します

当弁護士は、痴漢・盗撮の被害者が「納得できる解決」を目指します。

痴漢や盗撮の被害者が受ける被害は甚大です。
痴漢や盗撮は、被害者の心と身体を酷く傷つけるものです。
痴漢や盗撮の被害者は、事件後も 日常生活に多大な悪影響を受け続けます。

痴漢や盗撮で傷ついた被害者がひとりでたたかうのは、大変な精神的負担です。
痴漢や盗撮の被害者は捜査や示談に対応しなければなりません。
痴漢・盗撮事件を担当する警官や検事は、必ずしも被害者の意向通りの対応をしてくれません。
痴漢・盗撮加害者の弁護士は、被害者相手に不誠実な交渉をすることもあります。

当弁護士は、痴漢や盗撮の被害者に寄り添って、「納得のできる解決」へ向けて支援します。
痴漢・盗撮事件の弁護士費用には日弁連の被害者向け援助制度があります(詳しくはこちらへ)。

痴漢・盗撮の被害者も弁護士の支援を受けることが当たり前になることを願ってやみません。

〇痴漢・盗撮の被害者の方は弁護士による「無料相談窓口」にご相談ください。
 弁護士による痴漢や盗撮の被害者の方向けのLINEなどでの無料相談窓口です。

〇痴漢・盗撮の被害者の方の事件の弁護士対応事例はこちらをご参照ください。
 当弁護士が痴漢や盗撮の被害者から受任した事件のモデルケースをご紹介します。

〇痴漢・盗撮の被害者の方が弁護士に依頼する場合の費用はこちらをご参照ください。
 痴漢や盗撮の示談交渉は「日弁連委託援助制度」の利用により、成功報酬のみで弁護士を利用できる場合があります。

〇痴漢・盗撮の被害者になったときの弁護士によるQ&Aはこちらをご参照ください
 弁護士による痴漢や盗撮の被害者向けのQ&Aをご用意しています。

痴漢・盗撮など性犯罪被害者無料相談窓口
対応事例
弁護士報酬のご説明
日弁連の援助制度を利用できます
示談交渉の流れ
痴漢・盗撮の被害者になったときQ&A


 

  • はてなブックマークに追加