犯罪の被害を受けた方を弁護士がサポートします

賠償金の受け取りだけではない被害者支援を

 犯罪によりご家族を亡くされたり、傷害や性犯罪などの被害を受けたりしたにもかかわらず、捜査機関から配慮を欠く発言を受け、さらに加害者の弁護士から示談交渉で「悪者」であるあのような言われ方をするなどして、心の傷を深くするケースが多く生じています。
 また、刑事裁判で加害者に質問をしたり、自分の気持ち・意見を述べたい、と思われることも当然あるかと思います。
 このようなときに、ぜひ一度弁護士にご相談ください。
 当事務所では犯罪の被害を受けた側に立つ弁護士として、多数の実績を有しています。
(当事務所では、加害者側の弁護人・代理人業務は一切行っていません)